射出成型機のパイオニア 名機製作所

文字サイズ
標準 拡大

製品ヒストリー

●1933年(昭和 8年)
合資会社名機製作所創立
●1938年(昭和13年)
株式会社名機製作所に改組(本社 名古屋市)
●1942年(昭和17年)
国産初のプラスチック射出成形機8AH型開発 ※図1

●1943年(昭和18年)
国産初の合板用ホットプレス開発 ※図2

●1947年(昭和22年)
全自動電動機械式"NADEM100"射出成形機を完成量産体制に入る ※図3

●1962年(昭和37年)
世界初のゴム、熱硬化性樹脂射出成形機開発 ※図4 (1964年 科学技術庁長官賞受賞)

●1970年(昭和45年)
ダイナメルタ射出成形機開発(1973年 プラスチック大賞受賞)
●1974年(昭和49年)
世界最大4,500トン射出成形機DM-200開発
●1979年(昭和54年)
光ディスク射出成形機開発(1986年 プラスチック大賞受賞) ※図5

●1980年(昭和55年)
多層プリント配線板成形用ホットプレスMHPCシリーズ開発 ※図6

●1995年(平成 7年)
真空加圧式ラミネータ開発
●1997年(平成 9年)
超低圧大容量射出成形機開発 インジェクション・プレス射出成形機MDIPシリーズ開発
●1999年(平成11年)
直圧式電動射出成形機NADEMシリーズ開発 ※図7

●2000年(平成12年)
導光板専用射出成形機LGPシリーズ開発 ※図8

●2003年(平成15年)
光ディスク専用射出成形機ハイブリッドシリーズMDM-H開発 ※図9

●2005年(平成17年)
電動射出成形機 Muシリーズ開発 ※図10

●2007年(平成19年)
加熱筒内高真空可塑化装置VACMELTOR開発 ※図11 直圧式大型電動射出成形機Mu-Dシリーズ開発 ※図12

●2008年(平成20年)
真空加圧式ラミネータ(平坦プレス付2ステージ方式) MVLP-500/600-ⅡB開発 ※図13 Mu150-2st-2CJスライド式成形システムの開発

●2009年(平成21年)
大型ロータリー射出成形機 電動射出装置搭載型の開発 ※図14 ブルーレイ専用竪型射出成形機の開発 ※図15

●2010年(平成22年)
MHPC-VF-350-350-1-45 研究・開発用コンパクトプレスの開発 ※図16

●2011年(平成23年)
全電動熱硬化性樹脂用射出成形機 M-AD-TSシリーズの開発 ※図17 大型の横型多色ロータリー射出成形機 M1300NS-HR-2CJの開発 ※図18

●2012年(平成24年)
導光板用射出成形機LPG180Hの開発 ※図19 対向2色射出成形機JM1600AD-MR-2300H-1400Hを開発

●2013年(平成25年)
MVLP-500/360 12インチウェハー用ラミネータを開発
●2014年(平成26年)
JM3500AD-1500Hバンパー成形用射出成形機を開発 ※図20 MVLP300/300-S小型ラミネータを開発 ※図21 MVLP500/600-ⅡW   ⅡAとⅡBの統一と見直しをしてモデルチェンジ ※図22