名機製作所の社員たちは日々、どのような仕事をしているのか。
そして、どのような思いをもって仕事に向き合っているのか。
ここでは各部署で活躍する先輩たちの声をお届けします。
技術者、営業としての誇り、やりがい、責任、情熱……
ものづくりにこだわり続けてきた名機製作所のリアルが、
ここにあります。

技術者の誇りと責任と。射出成形機のパイオニア、名機製作所。

技術者の誇りと責任と。射出成形機のパイオニア、名機製作所。

「完成品を納品する」。そこには、技術者としてのやりがいがある。

「完成品を納品する」。そこには、技術者としてのやりがいがある。

加藤 正彦 技術部 技術課 2002年入社

名機製作所の機械はオーダーメイドであり、お客様の要望を組み込んだ製品設計を行うのが技術課の役割です。お客様の工場のスペースや同時に使用する付帯設備も考慮しながら、今よりも高性能な機械の設計をめざしています。より良い設計をするために心がけていることは、完成形をイメージすること。組立現場が近くにあるため、よく足を運んで担当者とコミュニケーションをとったり、作業工程を確認したり、様々な機械をみて機構のアイデアを蓄えたりしています。入社前は、設計の仕事はパソコンに向かって黙々と取り組むものだと思っていましたが、名機製作所ではコミュニケーションが第一。分からないことは先輩や現場の声を聞く事が、成長の近道だと感じています。一部のパーツをつくるのではなく、完成形として動く機械の設計に、面白みを感じています。

完成品を納品

営業部・生産部・技術部を分社化せず、機械づくりの工程がすべて社内で完結できることが名機製作所の強み。部署を越えたコミュニケーションが盛んで、まるごと一台の機械をみんなでつくり上げていくことが、一番の醍醐味です。設計と製造の現場が隣り合わせにあるからこそできる、柔軟なモノづくりを行っています。

自分より大きな機械をチームでつくりあげる達成感がある。

自分より大きな機械をチームでつくりあげる達成感がある。

鈴木 辰雄 生産部 組立課 1971年入社

機械をつくり上げる組立課には、現在50名ほどが在籍しており、3班に分かれて業務を行っています。大型の機械の組み立ては完成までのスパンが長く、毎日違う作業工程に取り組むため、覚えることも膨大。そのため、新人の頃は先輩につきながら、実務経験を重ねて修得していきました。何よりチームワークが重要で、一から完成させた時の達成感がやりがいにつながっています。私が担当している縦型ロータリーテーブル式射出成形機「VRシリーズ」は、射出成形機を縦型にするという新しい発想から生まれた名機製作所独自の機械。初号機の製造にも携わり、唯一無二とも言える機械をつくれることに、誇りを持っています。今まで築いてきた「技術の名機」という名声を、これからも受け継いでいきたいと思っています。

完成品を納品

私たちが得意とするのは“特殊な機械”や“大型の機械”の製造です。なかでも、自動車のテールランプ向けの大型射出成形機は国内シェアの90%を誇っています。その他にも、生活に欠かせない身近なところで使用されているプラスチック製品の製造を支える仕事は、大きなやりがいの一つです。

技術者として成長する。若手でも挑戦できる環境がある。

技術者として成長する。若手でも挑戦できる環境がある。

山本 隼人 営業部 成形技術課 2012年入社

成形技術課は、機械の性能テストや実験・検証を担当しています。お客様に御来社頂いて行う「成形トライ」では、数日にわたって成形と量産のテストを行い、完成品の品質や不良率を検証。購入後はベストな状態でご使用いただけるように据付作業を行い、使用方法の説明までを担っているのが営業部たる所以です。説明に迷いがあると、お客様が不安に感じてしまうため、情報をしっかり頭に入れておかなければなりません。私は文系出身ですが、日々の経験を通して専門知識を吸収しています。成長できる理由の一つが、早くから現場に出て実践できる環境。入社2年目で海外での据付作業を任せていただき、自分なりの課題が見つかりました。経験豊富な先輩方にアドバイスをいただきながら、ステップアップしていきたいです。

挑戦・成長

理系・文系の出身学部を問わず、“射出成形/真空ラミネート”という専門的な分野の知識を経験豊富な先輩から受け継ぎながら、実践の場を介して成長していける社風があります。また、入社後にクレーンやフォークリフト、溶接の検定や資格取得のサポートも行っており、個人のスキルアップもめざせる職場環境です。

歴史、実績、ネットワーク。企業としての信頼と安心がある。

歴史、実績、ネットワーク。企業としての信頼と安心がある。

服部 慎也 営業部中部支店 2001年入社

お客様のニーズを聞き出し、満足いただける機械を提案・販売することが主な業務です。営業、設計、製造、サービスを一貫して行う名機製作所では、各部署との連携の良さも強みの一つ。聞き取りした内容をすぐに技術者たちと共有し、最善の提案を考えます。また、射出成形機の老舗として、これまで積み重ねてきた80年以上の歴史は、お客様の信頼にも繋がっていると感じます。特殊な機械を取り扱っているため、ヒアリングもそれなりの専門知識が必要。難しい課題もありますが、“名機”の顔となるパイプ役として、耳を傾け、お客様の立場で考えることを心がけています。経験を重ねるごとに、自分の引き出しが増え、提案の幅も広がっていきます。「君が言うなら」と信頼して任せていただけた時の喜びはひとしおです。

長年の実績・信頼

1933年に創立した名機製作所は、1942年に日本初となるプラスチック射出成形機「8AH型」を開発。以降、「光ディスク成形機」や「合板用ホットプレス」、「多機能大型ロータリー射出成形機」などの産業界の発展を牽引する画期的な機械の開発に取り組んできました。長い歴史の中で“モノづくりのパイオニア”としての地位を確立し、品質の高い機械製造で、お客様の信頼を築いています。

海外からも求められる性能の良さと迅速な対応力がある。

海外からも求められる性能の良さと迅速な対応力がある。

佐野 隼人 サービス部
フィールドサービスセンター 2000年入社

ご使用中の機械に対して、グレードアップの提案やトラブルが発生した際の修理を担っています。お客様にご迷惑をおかけしないため、常に迅速な対応を心がけています。修理作業では経験したことが無い機械修理をする事もあり、日々新しい知識の習得が求められています。また、海外での修理対応も担っており言語の理解も含めお客様への対応など自分の成長に繋がる仕事です。お客様と仲良くなり、迅速な復旧ができたときに頂ける感謝の言葉が何よりも励みになっています。

海外で活躍

名機製作所が製造する機械の納品先の約60%は、海外です。現在はアメリカ(シカゴ)、インドネシア(ジャカルタ)、タイ(バンコク)、中国(上海)に営業・サービス拠点を設け、購入後のアフターフォローなどの対応を行っています。また、自分の成長の一つとして、海外出張や駐在員として、グローバルに活躍できる環境が広がっています。

  • データで見る名機製作所
  • 平均年齢
  • 平均残業時間
  • 有給取得率
  • 出身学科
  • 文理比率

応募方法

大学卒・院卒・専門卒・既卒・第二新卒の方はこちら

大学卒・院卒・専門卒・既卒・第二新卒の方はこちら

リクナビ2019
ハローワークインターネットサービス

求人検索から下記、求人検索番号を入力してください。
23110-16688 職種 : 機械設計
23110-19488 職種 : 電気設計
23110-18388 職種 : 組立工

キャリア採用の方はこちら

キャリア採用の方はこちら

キャリア採用募集要項および応募方法
ハローワークインターネットサービス

求人検索から下記、求人検索番号を入力してください。
23110-21273381 職種 : 機械設計
23110-21274681 職種 : 電気設計
23110-21964881 職種 : 資材購買