名機製作所

文字サイズ
標準 拡大

こだわり❷名機が誇るOnly One(オンリーワン)

日本初、世界初のオンリーワン技術が新たな可能性を引き出します。

名機製作所は創業以来80余年もの永きにわたり、世界に誇る「名機」を創るという創業理念を受け継ぎ、 成形機械メーカーとしての専門技術の研鑽に努めてまいりました。 日本初、世界初と言われる多くの「名機」を生み出した高度な専門技術を保有しています。 これらの技術を融合、応用することで、さらに特殊仕様やニッチなモノづくりへの可能性が広がります。 射出成形機のパイオニアとして多くのお客様をサポートし、日本だけにとどまらず、海外のお客様へもサポートしてまいります。

■特許取得・申請

(平成28年4月現在)
  • ●多色成形機関連/特許取得数16種
  • ●光学成形機関連/特許取得数30種
  • ●真空可塑化技術関連/特許取得数14種
  • ●ラミネートプレス関連/特許取得数46種
  • ●機構構造関連/特許取得数26種
  • ●電動及びその他制御関連/特許取得数42種
  • ●強化樹脂・一般樹脂成形プロセス関連/特許取得数10種
※特許取得項目についての詳細はおたずねください。

■各種表彰

(平成28年4月現在)
  • ●1962年 ゴム・熱硬化性射出成形機 開発/科学技術庁長官賞 受賞〔1964年(昭和39年)〕
  • ●1967年 ゴーバック型ホットプレス 開発/科学技術庁長官賞 受賞〔1971年(昭和46年)〕
  • ●1970年 ダイナメルタ射出成形機 開発/プラスチック大賞 受賞〔1973年(昭和48年)〕
  • ●1979年 光ディスク用射出成形機 開発/プラスチック大賞 受賞〔1986年(昭和61年)〕
  • ●1991年 M100B-DM型射出成形機 開発/通産省選定「グッドデザイン商品」 に選ばれる

■現在までの保有技術

(平成28年4月現在)
  • ●機械製作技術/初のダイカストマシン、初の合板プレス(1943年)、初の射出成形機(1942年)、各種大型機械、ロータリー成形機
  • ●素材加熱溶融技術/アルミ溶接→ダイカストマシン、プラスチック→プラスチック射出成形機、世界初のゴム・熱硬化性射出成形機(1962年)、飢餓可塑化、真空可塑化
  • ●水圧、空圧、油圧技術/機器の自社生産を経て各種自動機、プレス機、射出成形機へ、国産初の全自動油圧式HYDRA-32射出成形機完成(1951年)
  • ●真空応用技術/真空プレス(1995年)、真空可塑化(2007年)